男子中学生 家出事例 10代 男

男子中学生の家出|アルバイトと少年の家出

男子中学生の家出状況


 弟が家出したのは、両親と大げんかをしたためです。当時中学生だった弟は、学校で禁止されているアルバイトをしたいということで、子供に余計な金銭を持たせるべきではないとかんがえる両親と対立しました。翌日も帰らず、家出していた期間は三日間となります。友人の家に転がり込んでいると思っていたのですが、帰ってきてから話を聞くと深夜だけネットカフェに泊まり、それ以外の時間は立ち読みなどをして過ごしていたそうです。両親は最初はすぐ帰ってくると思っていたのが、翌日になっても帰ってこず、ずいぶん心配していました。ですが、結局家出の結果は両親の決定に影響を与えることはできず、弟はアルバイトの保護者同意書にサインを貰うことはできませんでした。

その男子中学生の家出の捜索対策や結果


 家出の原因が、金銭の不足にあったのですが、そこは両親としても譲れないところでした。ただ欲しいものがあったときの要求については、ある程度緩和してもらえたようで、アルバイトしてまで欲しがっていたロードバイクは買ってもらえたようです。ただまた家出してネットカフェに泊まられたりしないよう、少ないこずかいを更に減らすべきかは紛糾しましたが、とばっちりを恐れた他の兄弟たちの交渉で、その対策は取られないことになりました。
 

このページの先頭へ戻る